2022年01月19日

2022年01月18日

1月4日の面接結果

1月4日に面接を受けた企業様より、不採用の通知がありました。

ショックです…。

もしかしたら…、という微かな期待があったのですが…。

やはりダメだった…、と予想外に心理的だダメージを受けております…。

何も手に尽きません…。

今日は、何も書く気がおこりません…。

それでは、また。

転職・キャリアランキング
posted by hati at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

歩く2(参考文章掲載)

昨日の記事を読んでくださった方が多かったので、ビックリしております。

皆さま、やはり健康に関心があるのでしょうか?

というわけで、差し出がましいとは存じますが、1日8,000歩~1万歩、歩くことを推奨する、を参考にした文章を掲載したいと思います。

文章の出元は、健康経営エキスパートアドバイザーのテキスト(P146~147)です。

歩数について具体的に書かれてある箇所は、P147の上から1~2行目です。
20220117健康経営1.jpg

思うのですが、私自身が若い頃、「健康経営」という言葉を聞いても、恐らくピンとこなかったと思います。(と言っても、私の若い頃は、「健康経営」という概念自体なかったですが。)

自分自身が齢を取ることで、体の動きのキレがなくなってきて、階段を上るだけでも、息切れがしたり、足が縺(もつ)れたりすることで、初めて、自分の体について考えざるを得なくなりました。

そういえば、前に勤務していた会社で、部長補佐(52歳)として中途入社されてきた方がいらっしゃったのですが、その方が曰く、「自分が若いころ、50代の上役をみて、「何でこんなことができないんだろう?」と思ったことがあるけど、イザ、自分がその上役と同じ年代になると、そのできない理由が分かった、とのことです。

私も、全く同感です。

少し前傾姿勢を取る時間が長いと、すぐに腰が痛くなったり、風邪も一晩寝れば治ったとのが、今では1週間ぐらいグダグダと風邪の後遺症?のような状態になります。(関節が痛い、カラ咳が止まらない、体がダルイ等々)

今後、団塊ジュニアの世代が、高齢化していくので、今、健康経営が注目されるようになったのは、必然なのかもしれません。

私も、しがない人事屋ではありますが、少なくとも、自分が関わる社員の皆様が健康でいられるような、制度を創っていければな、または、経営者に意見を言えればよいな、と思います。

それでは、また。

転職・キャリアランキング
posted by hati at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする